FC2ブログ

12月最初の日は「フライ」デーww

早い!

何が?

1日が。一週間が。1ヶ月が。そして1年が!

そりゃあ歳も取るはずよ・・・。
12月はワタクシの誕生日がある月であり、スタッフO崎さんの誕生日がある月でもあります(笑)

というわけでアッという間に師走です。12月です。

師走のスタートは踊るうどん始まって以来の最高の地味企画、「フライ」デー!

フライデー

確か先週「店内掲示してないからしなきゃ!」みたいなことを書いたと思うんですけど、相変わらず・・・(汗)

まあ、地味に気長に続けていきますかね(笑)
密かに週ごとか月ごとに内容を変えるっていう案もあるんですけどね。


お揚げ・天ぷら好きな方は是非金曜日を狙って下さいませ!



さて、久しぶりに本日のBGM。

Reverend Gary Davis の珠玉の銘盤「Blues & Ragtime」です。

Reverend は「Rev.」と略すことが多いのですが、「牧師」の意味です。
Doctor(Rr.) とか Professor(Prof.) とかと同様ですね。

何故このアルバムかといいますと、
今朝方の夢に出てきたんですよ、Gary Davisが!
私がレコード屋さんらしき店にいる時に、奥に座っているのを発見して大興奮!自分がどれだけ貴方のファンであるかってのを一生懸命アピールしている夢でした(笑)
ちなみにGary Davis牧師、私が生まれる半年前の1972年5月に亡くなってます(T_T)

さて、このGary Davis牧師ですが、ジャンルとしてはアコースティックブルースのギタリストということで、おそらく日本での一般的な知名度はゼロに等しいと思います。ギターをやってる人でも殆ど知らない(爆)。ブルースが好きな人でも多分・・・。Robert Johnsonなどのアコースティックブルースが好きな人であれば知っている人が結構いるかな、という感じかな・・・。

私はたまたま大学時代にアコースティックブルースにのめり込んでいた時に先輩から教えられて出会うことができたのですが、このGary Davisは同時代のどのギタリストと比べても圧倒的にテクニカルでメロディアスでオリジナリティのある、唯一無二の存在。
一応ブルースというジャンルに分類されることが多いのですが、牧師さんですので、聖歌というのかな、そういう曲も多いです。

ギターやってる人なら、「ギター1本で、ピッキングする指は親指と人差し指の二本だけ。ちなみに盲目です。」というとビックリすると思います。ちなみに、左手はネックをグリップしたポジションでしか弾きません。左手親指をネックの裏に立てることは(知る限りでは)無いです。
とにかく複雑でアドリブ満載なので完コピはほぼ不可能。各種教材を漁って、それに耳コピを加えて何とか3曲ぐらいコピー頑張ったのが20年以上前ですが、久しぶりに弾いてみようとギターを手に取ってみたものの、全くダメダメでござんした(当たり前か)。

とにかく、興味のある人もない人も、一聴の価値がある銘盤です!




スポンサーサイト
= + = + = + = + = + = + =

踊るうどん永木

愛媛県松山市須賀町2-37
リバーサイドナカオ 1F
089-953-5162
http://odoruudon.net
= + = + = + = + = + = + =

コメント

非公開コメント