スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
= + = + = + = + = + = + =

踊るうどん永木

愛媛県松山市須賀町2-37
リバーサイドナカオ 1F
089-953-5162
http://odoruudon.net
= + = + = + = + = + = + =

温泉卵レシピ完成か?

昨日の投稿で温泉卵のレシピに試行錯誤しているのを書いたのですが、記事やFacebookでコメントをいただいたり直接メッセージをいただいたりしました。みなさんありがとうございます(^^)。

さて、早速本題に入りますが、昨日の予定通り「2段階作戦!」を実行しました。

実際にはいただいた情報を元に幾通りかの作り方を試したのですが、結果、やはり2段階作戦が最も安定して成功しそうだという結論にいたりました。


ここで復習。昨日書いたのは、

まず、冷蔵の卵を白身も黄身も固まらない50度程度のお湯に10分か20分ぐらいつけておく。
その次に、70度程度のお湯に10分〜20分程度つけ、途中で一個ずつ取り出して割って確認してみる。



でしたが、これをベースに時間や温度を調整して、ついにレシピが(ほぼ)確定した・・・はずです(笑)

作り方は以下の通り。

まず、卵は常温としました。季節ごとの温度の差異を1段階目で吸収できるとの判断です。

(1) 常温の卵を保温器の中で55度のお湯につけ、10分。

(2) 取り出した卵を、保温器の中で80度のお湯につけ、20分。

これでバッチリでした。

ちなみに、保温器ってのは家庭用の温泉卵メーカーです。

温泉卵メーカー
(実はこれのレシピ通りでもソコソコのものはできたんですが、クオリティ的にお店では出せないと私が判断した次第。)

で、今日はスタッフうっしーの賄いに「温玉肉ぶっかけ」を作って食べてもらいました。

温玉肉ぶっかけうどん

この温泉卵を割るシーンを動画に撮りました。が、FC2ブログで2MB以上のファイルをアップできなかったのと、Youtubeでお店用のアカウント作ってないので面倒なのと、そういうわけでFacebookページの方にアップしようと思います。

ぼちぼちメニューに入れますので、乞うご期待!!!


ちなみに、FBのコメントでいただいた「電気ポット使用」と、友達からブログのコメントでもらったレシピですね、どちらも完全に保温するやり方なんですけど、それについては後日実行します。
いま厨房にある道具で電気的に保温するのは出汁用の保温ポットなんですけど、これは仕込み後半〜営業中に使うため、もし営業中に追加で作る必要がある場合に出動できないということですね。
まずは、2段階作戦を第一チョイスに。あとは、朝イチで仕込む際には保温ポットが使えるので、この時に試そうと思います。


スポンサーサイト
= + = + = + = + = + = + =

踊るうどん永木

愛媛県松山市須賀町2-37
リバーサイドナカオ 1F
089-953-5162
http://odoruudon.net
= + = + = + = + = + = + =

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。