RIP George Michael

え〜、クリスマスも終わり、店内音楽をいろいろとゴニョゴニョしてるんですけれども。

今日は私、スタッフに宣言しました。


「今日は嘉門達夫でいく!」


嘉門達夫は、私の学生時代に下宿で飲み会をする時の鉄板BGMだったのです。

スタッフうっしー(30)に聞いてみても、名前ぐらいは知ってるってなことで、これはいかんと思い立ったわけです。

嘉門達夫を、後の世代に引き継いていかねば。


ということでとりあえず嘉門達夫ヘヴィーローテーションでお店をスタートしたわけですが、なんとなくうどん屋のBGMとしてはしっくりこないというか、むしろ「こりゃイカン」と思って急いで他のものに変更した次第。


で、その後にかけたのが先日亡くなったジョージ・マイケル。

昭和47年生まれ、ねずみ年の36歳(余計なツッコミは無用にて)の私がジョージ・マイケルと出会ったのは、アルバム「Faith」です。ワムを知ったのはその後のことでした。
私の世代だとこのパターンが多いのではないでしょうか。

Faithでの彼は抜群の実力を持った正真正銘のシンガーで、ワムを知った時は「え?ジョージ・マイケルってアイドルだったの??」と、にわかには信じられなかったものです。



当時爆発的なヒットとなったことを記憶していますが、このアルバムは今聴いてもメチャメチャかっこいいです。
無精ヒゲがオシャレって認識が出来たのもこのPVがきっかけだったような気がします。


Faithなんて歌詞を覚えてカラオケで歌ってたんですけど、意外とまだ覚えてたりします。

とにかくアルバム全曲が名曲とも言えるこの「Faith」、やはりジョージ・マイケルといえば「Last Christmas」よりも「Faith」でしょ。



というわけで明日もジョージ・マイケルをBGMに皆さまをお待ちして・・・いや、明日は選曲番長のスタッフね〜ちゃんの出勤日なので昭和歌謡になるかもしれません(爆)

スポンサーサイト
= + = + = + = + = + = + =

踊るうどん永木

愛媛県松山市須賀町2-37
リバーサイドナカオ 1F
089-953-5162
http://odoruudon.net
= + = + = + = + = + = + =

コメント

非公開コメント