スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
= + = + = + = + = + = + =

踊るうどん永木

愛媛県松山市須賀町2-37
リバーサイドナカオ 1F
089-953-5162
http://odoruudon.net
= + = + = + = + = + = + =

年末年始の営業について思うこと

今年も残り僅か。

そして踊るうどん永木は明日30日にて2017年の営業を終了します!

年始は4日から。また来年もよろしくお願いいたします。


今年も大晦日〜三が日は休業としたのですが、正直に言いますと営業したかったりします(爆)

大晦日は店を開けておけば売り上げ的には相当良いことは分かってます。

また、松山に帰省してくる方で踊るうどんを楽しみにしてくださっている方が多数いらっしゃることも。


でも、この期間は絶対休むと決めています。


これは、何も私がこの店を継いでからの話ではなく、数年前から「最低限、大晦日から三が日は休むべきだ」と思ってきました。これは、みんなそうするべきってほどの話ではなく、「私はそうする」という話です。


お店は私一人では開けられません。一人で出来るなら一人でやるでしょう。

仮に、スタッフに「大晦日とお正月って出勤できる?」と聞いたら、普通に出勤してくれるでしょう。


話は遡って数年前。多分3年か4年ぐらい前。


大晦日に息子とデート(どこに行きよったかは覚えてない)してた時、運転しながら沢山のお店が営業中なのを見て、「お父さんが子供の頃はお正月に開いてる店なんて殆どなかったんだけどな」とか言いながら、息子に

「今日とかお正月にお父さんやお母さんがお仕事に行ってたら、どう?」

と尋ねてみました。

「え〜〜?イヤ!!」

というシンプルな返事。そりゃそうだろう。


子供がまだ独立していない家がある。
成人して家を出た子供が帰省してくる家もある。
年に一度、親戚が集まる家、
親戚の集まりに出かける人、
帰省する人、
帰省してきた友人達と集まる人、
同窓会の予定が入ってる人、

とかくお正月の期間、昔ほどではないにしろ、殆どの日本国民が揃って休みを取れる貴重な時間。

お正月にしか会えない人がいたり集まれないグループがあったりします。


日本人は真面目だから、経営者が仕事の予定を入れてしまったら・・・

「ごめ〜ん、お正月仕事だから行けんのよ」
「あ、その日仕事入ってるから途中からだったら行けるかも」
「お正月仕事だから、次の休みに帰省するね〜」
「お正月はお母さん仕事だから、お雑煮は自分で温めて餅入れて食べてね」

とか。仕事のスケジュールに名前が書かれたら、ちゃんと仕事を優先してくれるんです。

店を開けたいが為にスタッフの正月の予定を確認し、大丈夫な人だけでやるっていうことも出来るかもしれません。

でも、もし頭数が揃えられない日ができて店を休業にせざるを得なかったとしたら、休むことに後ろめたさを感じるスタッフがでてくるかもしれません。


それがイヤなので、お正月期間は休業なんです。


スタッフには気兼ねなくお正月を満喫してほしい。
やることなくて退屈なだけ、って人はその退屈を満喫すればいい(笑)。


でも、本当はお正月期間の売り上げが欲しい!

大晦日から三が日、4日もお店を休むことによる逸失利益?はデカいです(だって固定費は変わらんもん)。

「お正月開けんけん(あけたら?の伊予弁w)」と言ってくれるスタッフさえいます。

でも、ダメ。

今年は特に外食不況というか、本当に業績が厳しいので相当気持ちがフラつきました。

結局、自分との戦いに勝った(笑)



年末年始の休業って個人店では別に特別なことじゃないんですけど、実はここまでの強い意思を持って休む人もいるってことで。


くだらぬ雑文に付き合ってくださりありがとうございます。


そういうわけで、明日30日(土)、今年最後の営業を頑張ります!

みなさん、こぞってご来店くださいね!!


スポンサーサイト
= + = + = + = + = + = + =

踊るうどん永木

愛媛県松山市須賀町2-37
リバーサイドナカオ 1F
089-953-5162
http://odoruudon.net
= + = + = + = + = + = + =

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。