FC2ブログ

今年も一年、ありがとうございました!

歳をとると本当に一年が早いです。

例年に漏れず、今年も一つ歳を取ってしまいました。
これからも時間の流れは益々早く感じていくことなのでしょう(T_T)


踊るうどん永木は昨日をもって2017年の営業を終了いたしました。

今年も踊るうどん永木をご愛顧くださり、本当にありがとうございました!

本当に、なんと言いますか・・・、うどんを提供し、対価としてお代金をいただくわけですが、それと一緒に多くの「愛」をいただいていると言いますか・・・。

この一年間、毎日楽しく仕事ができたのも、お客さまからいただく「愛」のおかげだと実感しています。

商売ですからお金をいただくために仕事しているんですが、それよりもお客さまからの愛に全力で答えなければならない、という方が強いのが正直な気持ちです。

柄にもなくクサいこと書いてますが、改めて一年を振り返るとホントにもう「愛」という一文字しか浮かばないんです(*^^*)。


正直なところ、今年は特に秋以降の業績が芳しくなく(外食はどこも厳しかったようです)、大変な一年でした。

そんな一年だったからこそ、特に常連さん・リピーターさんにしっかりと支えていただいている店なんだと実感し、スタッフ一同、感謝の気持ちが絶えない一年でした。
初めて当店をご利用くださった方々も多くいらっしゃいました。気に入ってくださったら是非またお顔を見せてくださいね!


また、今年の夏には「タウン情報まつやま」の「100麺総選挙」にて当店のしょうゆうどんがうどん部門の第一位を獲得させていただきました。

100麺総選挙結果発表

これは本当にお客さま皆さんの「愛」によって成し遂げられたことだと思います。

こんなに沢山のお客さまが当店を愛し応援してくださっていると、涙の出るような感動をいただきました。


本当にありがとうございました!

2018年も皆さまに愛していただける店であることができるよう、スタッフ一同頑張って参りますので、変わらぬご愛顧をよろしくお願い申しあげます!



話は変わりますが、昨年6月に三代目としてスタートして2年目を迎えた今年半ば以降、突然気付いたことがありました。
それは、お店を運営することと経営とは別事だ、という、至極当然のこと。

とりあえず夢中で店を運営してきて、今年の秋口あたりにようやくそのことに気づきました。
それまでは「うどん屋の大将」ではありましたが本当の意味で「うどん屋の経営者」ではありませんでした。

ですので、今はやっと飲食店経営者になったところ。

明日から始まる2018年は、経営者としての本当のスタートを切る年になります。

特に秋以降は市況が大変厳しく、その上原材料価格の高騰の流れも変わらない上に、時期はわかりませんが消費税10%ってのも控えています。

その中で安定した経営状態で皆さまをお迎えできるよう、いろいろな試行錯誤をすることになると思います。

その「試行錯誤」がお客さまにとって楽しいものであるように、私も楽しんでいろいろと考えていければな〜と思っています。


それでは皆さま、良いお年を!

2018年が皆さんにとって素晴らしい一年になりますように!



スポンサーサイト
= + = + = + = + = + = + =

踊るうどん永木

愛媛県松山市須賀町2-37
リバーサイドナカオ 1F
089-953-5162
http://odoruudon.net
= + = + = + = + = + = + =

年末年始の営業について思うこと

今年も残り僅か。

そして踊るうどん永木は明日30日にて2017年の営業を終了します!

年始は4日から。また来年もよろしくお願いいたします。


今年も大晦日〜三が日は休業としたのですが、正直に言いますと営業したかったりします(爆)

大晦日は店を開けておけば売り上げ的には相当良いことは分かってます。

また、松山に帰省してくる方で踊るうどんを楽しみにしてくださっている方が多数いらっしゃることも。


でも、この期間は絶対休むと決めています。


これは、何も私がこの店を継いでからの話ではなく、数年前から「最低限、大晦日から三が日は休むべきだ」と思ってきました。これは、みんなそうするべきってほどの話ではなく、「私はそうする」という話です。


お店は私一人では開けられません。一人で出来るなら一人でやるでしょう。

仮に、スタッフに「大晦日とお正月って出勤できる?」と聞いたら、普通に出勤してくれるでしょう。


話は遡って数年前。多分3年か4年ぐらい前。


大晦日に息子とデート(どこに行きよったかは覚えてない)してた時、運転しながら沢山のお店が営業中なのを見て、「お父さんが子供の頃はお正月に開いてる店なんて殆どなかったんだけどな」とか言いながら、息子に

「今日とかお正月にお父さんやお母さんがお仕事に行ってたら、どう?」

と尋ねてみました。

「え〜〜?イヤ!!」

というシンプルな返事。そりゃそうだろう。


子供がまだ独立していない家がある。
成人して家を出た子供が帰省してくる家もある。
年に一度、親戚が集まる家、
親戚の集まりに出かける人、
帰省する人、
帰省してきた友人達と集まる人、
同窓会の予定が入ってる人、

とかくお正月の期間、昔ほどではないにしろ、殆どの日本国民が揃って休みを取れる貴重な時間。

お正月にしか会えない人がいたり集まれないグループがあったりします。


日本人は真面目だから、経営者が仕事の予定を入れてしまったら・・・

「ごめ〜ん、お正月仕事だから行けんのよ」
「あ、その日仕事入ってるから途中からだったら行けるかも」
「お正月仕事だから、次の休みに帰省するね〜」
「お正月はお母さん仕事だから、お雑煮は自分で温めて餅入れて食べてね」

とか。仕事のスケジュールに名前が書かれたら、ちゃんと仕事を優先してくれるんです。

店を開けたいが為にスタッフの正月の予定を確認し、大丈夫な人だけでやるっていうことも出来るかもしれません。

でも、もし頭数が揃えられない日ができて店を休業にせざるを得なかったとしたら、休むことに後ろめたさを感じるスタッフがでてくるかもしれません。


それがイヤなので、お正月期間は休業なんです。


スタッフには気兼ねなくお正月を満喫してほしい。
やることなくて退屈なだけ、って人はその退屈を満喫すればいい(笑)。


でも、本当はお正月期間の売り上げが欲しい!

大晦日から三が日、4日もお店を休むことによる逸失利益?はデカいです(だって固定費は変わらんもん)。

「お正月開けんけん(あけたら?の伊予弁w)」と言ってくれるスタッフさえいます。

でも、ダメ。

今年は特に外食不況というか、本当に業績が厳しいので相当気持ちがフラつきました。

結局、自分との戦いに勝った(笑)



年末年始の休業って個人店では別に特別なことじゃないんですけど、実はここまでの強い意思を持って休む人もいるってことで。


くだらぬ雑文に付き合ってくださりありがとうございます。


そういうわけで、明日30日(土)、今年最後の営業を頑張ります!

みなさん、こぞってご来店くださいね!!


= + = + = + = + = + = + =

踊るうどん永木

愛媛県松山市須賀町2-37
リバーサイドナカオ 1F
089-953-5162
http://odoruudon.net
= + = + = + = + = + = + =

お持ち帰り用の冷凍うどん・冷凍だしについて

年内最後の夜の部を終えました。

ヘトヘトですが沢山のお客さまに来ていただいてとても幸せな気分なのです(*^^*)


さて、地味に店内告知しております「持ち帰り用冷凍うどん」ですが、ここに来てご希望が増えております。

年越しや年明けうどんに、ご家庭でも当店のうどんを楽しんでいただけるのはとても光栄!

実はですね、先日からこっそり「持ち帰り用かけ出汁」の販売も開始してたりするのですが、これもよく売れております。ありがとうございます(*^^*)

踊るうどん永木 持ち帰り用冷凍うどんと出汁



で。


持ち帰り用の冷凍うどんや冷凍出汁ですが、一日に作ることのできる数がそれほど多くはありません。
冷凍うどんは1パック約三玉分ですが、一日に12パックぐらいが限界かも・・・。
もう一つ事情がありまして・・・冷凍スペースがそれほどないのです。
ですので、定休日など作れる時に大量に作っておくということもできないのです(T_T)

今日は16パックほど売れたので、明日販売できるのは4パックだけ。出汁は冷凍だと4人前だけ。
出汁は冷蔵状態でよければ余裕をもって用意できるようにしています。

ということで、確実なご購入を希望される場合は予めご予約をいただけるとありがたいです。
引取希望日に合わせて数が揃うように予定が立てられますので助かります。

ただし、あまり沢山ご注文をいただいても対応できない場合がございますので、そこはご勘弁いただければと思います。


そういうわけでご予約も先着順とせざるを得ない状況でございまして、メール・LINE・SNSによるご予約は(受けた順番の確認が大変なので)原則不可とさせていただきます。

ご来店時(数があればそのままご購入いただけますね)またはお電話によるご予約のみ対応させていただくことといたしますが、一旦ご希望をお伺いした後に、実際ご希望の日にご希望の数を準備できるかどうか算用が必要となることもございますので、予約確定までに少しお時間をいただく場合がございます。


いろいろとご面倒をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。


ちなみに、明日27日(水)は冷凍うどん4パック(1パックあたり3玉分)ございます。
出汁は冷凍のものは数本しかないのですが、非冷凍(冷蔵)につきましては「冷蔵で保存できて、当日・翌日までに消費する、または速やかに冷凍庫に入れることができる」という条件にて柔軟に対応させていただきます。

ご希望の方はお早めに!



さて、本日のBGMはこちら。
注文から3週間、やっと届きました。
at newport

先日もご紹介したReverand Gary Davisのもう一枚の銘盤「AT NEWPORT」です。
度重なる引っ越しで殆どのCDやテープを手放したり行方不明にしてしまったり、そんなことがあって手元から去っていたアルバムを20年ぶりぐらいに再購入(笑)

最近は普段かける音楽はYoutubeに上がっている音楽で済ませていることが多いのですが、このアルバムはYoutube始めいろんなサイトを当たっても上がってないんですねぇ・・・。

ということで、ここに埋め込むこともできないのですが、まあこれもたまらんぐらいの銘盤です。

例えばこんなん(このアルバム収録とは別バージョンですが)。
盲目の牧師がギター一本でこんなエゲツない演奏をしながら歌っているなんて!



ということで、おやすみなさい。




= + = + = + = + = + = + =

踊るうどん永木

愛媛県松山市須賀町2-37
リバーサイドナカオ 1F
089-953-5162
http://odoruudon.net
= + = + = + = + = + = + =

価格改定のお知らせ(2018年1月から)

早いもので2017年も最後の週を迎えました。

今年は臨時休業4回だけで、無事に一年間営業出来たことに感謝です(昨年は鼠径ヘルニアで一ヶ月休みましたからね…)。


さて、本日は年明けからの価格改定についてのお知らせとなります。

今年の春ごろからずっと検討を続けていたのですが、年明けより値上げ・値下げをさせていただきます。
(当面の間は経過措置として実質価格据え置きまたは少しおトクな価格で営業します。)

******** 主な内容は以下の通りです。********

各メニューの並盛の基本価格を50円上げます。
※ 肉トッピングのメニュー・ゆだめうどん・ひやしうどん・鍋焼きうどんは価格据え置き。

オプションにつきましては、いくつかを除いて現状維持。
以下2品は値下げします。
生卵を60円→50円
肉を300円→250円(肉ダブルは500円)
したがって、肉系メニューは実質価格据え置きとなります。
肉は春に続いて再度の値上げが予告されているので厳しいところですが、何とか頑張ってみます。

また、価格ではありませんが、特にロス率の高いメニューについては廃止または季節メニューへの降格をしてまいります。
ネバネバ三銃士・四天王は夏季限定に(現在の在庫がなくなり次第終了)。
カレーうどん・トマトカレーうどんは廃止も視野に入れつつ冬季限定に。
先日提供が始まった鍋焼きうどんも冬季限定とします。

******** 現在のところ、以上です ********

1月いっぱいは移行期間として値上がりしたうどん商品を50円引き、つまり実質これまで通りの価格でのご提供といたします。


今年はいくつかの新メニュー投入、原価の見直し、そして特に秋口からは人件費の節減などの対策を講じてきましたが、なかなか十分な効果が出ることもなく、
また、昨年6月に私の代となってからの一年半だけでみても、ほとんどの食材、油、消耗品など、値上がりしていないものを探すほうが難しいというほどコストが上がってしまっている現状です。中にはこの1年で2回値上がりしたものもあったり。一度値上がりしたもので、近々再値上げが決定しているものもあり…。


本当は春頃には値上げが必要なことはある程度分かってはいました。
何とか値上げせずにやれないかと工夫をしてきてみたのですが、最終的に値上げに踏み切らざるを得なくなりましたこと、ご理解下さいますようお願いいたします。

私の経営者としての未熟さもあるのだとは思いますが・・・、これからも、納得していただける最高のうどんを提供し続けられるよう努力を続けてまいりますので、よろしくお願い申しあげます。

= + = + = + = + = + = + =

踊るうどん永木

愛媛県松山市須賀町2-37
リバーサイドナカオ 1F
089-953-5162
http://odoruudon.net
= + = + = + = + = + = + =

来年からやるぞ〜!!ということを今年に「とりあえず始めておく」という話。

何をやるにも腰が重くなる40代半ばです。

一年の計は元旦にあり!とか言いますが、今年の元旦は忙しくて余裕がなく、な〜〜〜んも計画を立ててなかったのです。

多分、もうすぐ訪れる来年の元旦も似たような感じなんだろうなぁと・・・。

それじゃアカンのですが(笑)


「年末年始に計画を立てて来年早々に始めてみよう」

と思っていることのいくつかは、今年の間にいろいろとぼんやり考えていたりすることです。


で、どーせ年末年始だってゆっくり考え事をするヒマなんてないことは分かってます。


ということは!ということは?ということは、ですね、


もう始められることは始めちゃったらいいんじゃね??

あとはやりながら考える、改善する、そして完成させる。


ということで、いくつかは今年の残り2週間のうちに始めてしまいます。

始めてしまったら続けざるを得ないのですからねぇ(笑)


さあ、ここまでが前置きでして(笑)

これはその第一弾!!


鍋焼きうどん、はじめました

実は一昨日からこっそり始めました。

マヂで美味いです\(^o^)/

お値段は750円、アルミ鍋のサイズの都合で並盛・中盛のみのオーダーとなります。

オプションで卵60円が合いますよ!

鍋焼きうどん(卵つき)



ということで、今日のBGM。

クリスマスムードなどどこ吹く風!

今日はアイルランドの英雄、フィル・ライノット率いる伝説的ロックバンド「Thin Lizzy」のロック史に輝くライブアルバム「Live and Dangerous」です。
ハッキリ言ってこのThin Lizzyは日本ではあまりにも過小評価と言えます。

「あのゲイリー・ムーアが在籍したバンド」とか紹介されると、「まあしょうがないよねぇ」と思いつつも悲しくなります。

とりあえずThin Lizzyについての必要最小限の情報。
メンバーについてですが、デビューから解散までヴォーカル&ベースのフィル・ライノットとドラムのブライアン・ダウニーの二人は不変で、ギタリストが変わっていきます。

まず、デビュー当時は上記二名+ギタリストがエリック・ベルのトリオ編成。「Whisky In The Jar」の名演が印象深いです。

その後Thin Lizzyはギタリストが二人いる、いわゆるツインギターの編成となります。
ちなみにツインギターの二人共がレスポールというモデルを使っています。
さて、このツインギター編成になってからですが、一人はカナダ人のスコット・ゴーハム。この人は解散まで在籍します。
で、「Thin Lizzyはどの時期が好き?」という話題になると、スコット・ゴーハムの相方ギタリストの名前で識別することになります。

さて、ツインギター編成になって始めのスコット・ゴーハムの相方ギタリストがブライアン・ロバートソン、通称「ロボ」です。ロボ在籍時に最も多くのアルバムを残しています。で、多分ですが、この時がバンドの全盛期で、今日紹介するLive and Dangerousはこの時期の集大成と言えます。

ロボが去って次がスノーウィー・ホワイトという、なんともイナたいリードギターを弾く渋い人。なんちゅうかな、ギター弾いてる人向けに言うと、タイム感と運指が独特でコピーしにくい人です(笑)
この人はアルバム一枚の参加。

そして、次がゲイリー・ムーアです。実はリーダーのフィル・ライノットとはThin Lizzy以前にSkid Row(90年代のアメリカのアレとは違います)というプログレバンドで一緒であり、ずっと友人だったのです。Thin Lizzyでもたまにヘルプでライブに参加したりしてたようです。
アルバムはBlack Roseの一枚ですが、これも銘盤とされています。

で、なんやかんやあってフィル・ライノットもお薬が過ぎてバンドもボロボロの状態の時に参加したのがThin Lizzy最後のギタリストとなる若かりし日のジョン・サイクスです。アラフォー男子はジョン・サイクスと言えばホワイト・スネイクでありブルー・マーダーだと思うんですけど、それ以前の若く荒削り、そして激しいギターを堪能できます。アルバムは一枚。これはThin Lizzyファンの間でも意見の割れるアルバムで、アイリッシュテイストも薄く、ハードロックにより過ぎで「こんなんThin Lizzyじゃねぇ」という人も多いようです。私もこのアルバムはあまり聞いてないです。


で、このライブアルバムにはブライアン・ロバートソン在籍時、つまりThin Lizzy全盛期の最高の曲とパフォーマンスが詰まっています。
フィル・ライノットの独特の語り口調のようなボーカルは、いわゆる普通のロックから考えると最初は違和感を覚える人が多いと思います。でも、聴いていくうちにどんどんフィルの魅力に侵食され、やがて「フィル・ライノットってロック史上最高のボーカリストじゃね?」となっていくわけです。

あ〜〜前置き長い。すまんです(笑)
是非、存分にお楽しみください!



= + = + = + = + = + = + =

踊るうどん永木

愛媛県松山市須賀町2-37
リバーサイドナカオ 1F
089-953-5162
http://odoruudon.net
= + = + = + = + = + = + =

年末年始の営業について

事務仕事が激増して肩こりが酷くなる季節です・・・。
今日は定休日ということで仕込みやら買い物やらで動き回っていましたが、月初恒例の給与計算やら業者さんへの支払準備、そこに年末調整関連の雑務が加わると・・・あら不思議!?もう3時が近いわ♡

とはいえ、喉元過ぎればなんとやら!!
頑張って乗り切って、今年は年末年始ゆっくりするぞ〜(^^)

ということで、年末年始の営業についてです。

年内営業: 12月30日(土) まで
年始営業:12月4日(木) から


今年も沢山のお客さまにご来店いただきました!本当にありがとうございます!
残り4週間も元気に営業してまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします(*^o^*)
= + = + = + = + = + = + =

踊るうどん永木

愛媛県松山市須賀町2-37
リバーサイドナカオ 1F
089-953-5162
http://odoruudon.net
= + = + = + = + = + = + =